空が青いと感じるのは夕焼け空を知っているから
日の出が明るいと感じるのは、日が沈むことを知っているから
暑いと感じるのは寒さを知っているから

それは身近にある、忘れがちな感覚
当たり前すぎて忘れてしまっている事かもしれません。

私達がそんな当たり前なことに向き合ったきっかけは
日本らしい家をつくりたいという「家づくり」への想いからでした。
日本らしい家に着想した理由は、
日本にまつわるあらゆるものが好きだったという単純な理由からだと思いますが、
「日本らしい家=日本家屋」といった形にこだわるわけではありません。

では具体的に「日本らしい」とは一体何か。
私達が幾日も考え、たどり着いた答えは「和」そして「和風」でした。

和という言葉は「調和」「永和」など
何かと合わさる事で強い意味を持つ言葉です。

人と人   人と物   物と物

組み合わせる事で命が生まれ、力が生まれます。
私たちは「日本らしい」から連想できる
「和風」という言葉に強い思想を感じています。
広い意味で使われる「和風」という言葉には、
日常的、つまり当たり前の中にこそ、強い意味があるように思います。
また「何かと何かを合わせること」それはまさしく家づくりの真髄でもあります。

そして「和風」を突き詰める中、出会った日本独自の美意識が「侘び寂び」です。
重なり合う事で生まれる美しさ、時が漂う程に生まれる深み、
手が加えられることによる完璧になりすぎない自然な風合い。
私たちが目指す「日本らしい家を創りたい」という想いは
まさに侘び寂びという美意識と同じ価値観でした。

目に見える形ではなく、時が紡いだ伝統や様々な想いなど
あらゆる物事を組み合わせることから生まれる新しい和風の形。

新しい「和風」を生みだす私達の挑戦はここからです。

会社概要

  • 社名建峰株式会社
  • 所在地〒501・1146
    岐阜県岐阜市下尻毛516番1 安藤ビル
  • 電話058・215・6411
  • ファックス058・214・3811
  • メールinfo@kenhou.co.jp
  • URLhttps://kenhou.co.jp
  • 設立2020年
  • 資本金300万円
  • 代表山田 正峰
  • 業務分野建築業・リフォーム業・お悩み事相談
  • SNSInstagram

代表取締役 山田正峰

好きな言葉 自然

好きな言葉 自然

『自然』それはありのままの姿で在る事。
私が家づくりでとことん拘りたかったのは、
自然素材ではなく、自然という言葉です。
何故人は森に行けば心が落ち着くと感じるのか、
何故人は海を見たら心が躍るのか。
それは『ありのままの姿』が
そこにあるからだと思いました。
それは私達、人間にも言える事です。

私達のありのままの姿とは、『お互いに助け合うこと、
お互いに喜び合うこと』だと私は思っています。
誰か一人が喜んでいてはいけない、
誰か一人が嫌な思いをしていてはいけない、
お客様も、創る人も、運ぶ人も、見る人も
全員が良かったと思わなくてはいけない。
そんな家創りをしていきます。皆で喜び合いましょう。

信田祐輝

好きな言葉 調和

好きな言葉 調和

調和それは、色々な物事や心が重なり合って、
良い方向に働くこと。私はそう思っています。
何か新しい物を作り出そうとした時、
色々な意見が出ます。
前向きな意見、後ろ向きな意見、
誰に目線を置いた話なのかなど、
そんな時に、どう考えて、どう動いたら、
誰が喜ぶのかを常に考えています。

そういった発想が出来るのも、
社長が自由にさせてくれるからです。笑
常に良い発想が出来るように、
自分の心の状態は常に大切にしていきます。
そうでなくては、お客様に良い提案も出来ません。
家づくりに携わる人達全員と協力し合って、
出会いから最後まで感動する家づくりにしたいです。

臼井里紗

好きな言葉 直感

好きな言葉 直感

『直感』
それは自分の心に素直に従って行動をすること。
全く違った環境で働いていた私
がこの業界に飛び込んだのも
私の心(直感)が
そう決めました。
自分の人生を振り返って考えてみても、
直感で決めた事に対して、
間違いだったと後悔したことは一つもありません。

家を建てることというのは、
本当に勇気が要る行動だと思います。
『建てたい』と心から思ったその直感や
その気持ちを完成した後も、
ずっと持ち続けて頂けるような
お手伝いが出来たら幸いです。
また、私だから出来る事は、家づくりの良かったこと、
悪かったことを伝え、好み、ライフスタイルに合わせて

共にデザインを考える事。
それは家を建てた私だからこそ出来る事です。
お客様との出逢いから完成、そして住んでからも、
ずっと良かったと思って頂けるような
家づくりをしていきます。
一緒に家づくりを楽しみましょう。